第137回評議員会開催

令和4年6月24日(金)

第137回評議員会を開催しました。

開会前、冷牟田理事長から経営報告ならびに挨拶がありました。

続いて、令和3年6月25日に監事に選任されました、猪原監事から挨拶。

続いて、令和3年6月17日に評議員に選任されました、古野評議員から挨拶。

髙木評議員が議長に選任され、審議が進みました。

慎重な審議が行われました。(議案3件、報告11件、諸般報告)

令和4年6月15日にケアハウスゆうあいの施設長を退職された、牟田理事の挨拶。(当法人理事としては留任)

令和4年6月16日にサンライズ北九州からケアハウスゆうあいに異動された、早川施設長の挨拶。

令和4年6月16日に施設長に昇格された、藤田施設長の挨拶。

新体制となった西日本至福会です。地域の皆様から、今まで以上に愛される法人運営を心がけて参ります。

 

文責:総務課 星山

第168回理事会が開催されました。

令和4年6月7日(火)

第168回 理事会が開催されました。

冷牟田理事長の挨拶。

冷牟田理事長が議長に選任され、議案の審議が進みました。

監事監査報告をする 猪原監事

監事監査報告をする 末松監事

議案の説明をする 白尾常務理事

令和4年6月15日に退職される 牟田施設長の挨拶(理事としては留任されます)。

令和4年6月16日にサンライズ北九州施設長に昇格される 藤田施設長の挨拶。

令和4年6月16日にケアハウスゆうあいに異動される 早川施設長の挨拶。

今回の理事会では5つの議案が審議され承認されました。

西日本至福会の経営施設は新体制となりますが、今までと同様に地域に愛される法人・施設づくりに努力してまいります。

文責:総務課 星山

冷牟田理事長 東京視察

令和4年4月14日(木)から3日間、冷牟田理事長、白尾常務理事、星山総務課長の3名が、東京で視察を行いました。

大家敏志 財務副大臣を表敬訪問しました。

後方左から、星山正光 総務課長、片岡誠二 様(福岡県議会議員)、白尾啓介 常務理事、冷牟田洋一 理事長、小林祐馬 様(グリーンプラザ開発株式会社 代表取締役社長)

福祉の世界も、国の財政によって大きく左右されます。大家敏志 財務副大臣との大変貴重な意見交換をさせていただきました。

 

江島潔 参議院議員を表敬訪問しました。

江島潔 参議院議員は、下関市長をはじめ、数多くの要職を歴任されています。

福祉行政にも非常に詳しく、北九州と山口の特色などについて、意見交換をさせていただきました。

 

学校法人 三幸学園 東京未来大学福祉保育専門学校 様の視察を行いました。

おしゃれな外観の校舎です。

左から、副校長の小平香織 先生、教務主任の柴田千穂 先生

二人のとても素敵な先生がご案内してくださいました。

校舎内の様子

笑顔が素敵な生徒さんにもお会いしました。

挨拶がとても自然で、好感が持てます。

先生と生徒さんの関係がとても良いと思いました。

東京未来大学福祉保育大学福祉保育専門学校 様は、学生の募集に長けていることで有名です。

1学年60名定員の学生のほとんどが日本人の学生であることも特徴の一つです。

初めて訪問させていただきましたが、教員の先生方と生徒さんが学校をとても大切に想っていることを感じました。

スポーツレクリエーションコースの生徒さんです。

ご自身の学んでいる科目の内容を丁寧に、そしてわかりやすく説明してくださいました。

福祉や介護といえば、“きつい・薄給”などと言われることが多いのですが、処遇に関しては大きく改善しているのが実情です。

私たち福祉業界に携わる者が、もっと福祉・介護についての魅力と、本当の福祉のすばらしさを、東京未来大学福祉保育専門学校 様のように発信していくことが必要であると感じました。

 

最後になりますが、ご訪問させていただきました皆さま、ご多忙中にも関わらずご対応いただきましたこと、心より感謝申し上げます。

文責:総務課 星山

令和4年度中途採用職員・昇格職員・人事異動職員の辞令交付式、令和4年度新入職員入職式

令和4年4月1日(金)

令和4年度中途採用職員・昇格職員・人事異動職員の辞令交付式、令和4年度新入職員入職式を開催しました。

3名の中途採用職員と、2名の昇格職員、5名の人事異動職員に辞令を交付しました。

西日本至福会のモットーでもあります「笑顔」の集合写真です。

末永く当法と共に頑張っていただきたいと思います。

令和4年度入職式

1名の新入職員が西日本至福会の仲間に加わりました。

冷牟田理事長から辞令を受ける新入職員

冷牟田理事長から新入職員に対して、「西日本至福会の歴史、現状と今後」について講義がありました。

「数学的な物事の考え方」についての話がありました。

私も勉強になりました。

社会人一年目、真剣な表情です。

牟田理事から、「社会人としての心構え」についての講義。

本年度もソーシャルディスタンスを守り、アクリルパーテーションや空気清浄機を使用して開催しました。

新年度となり新体制で「地域に貢献し、地域に愛される法人づくり」を目指してまいります。

文責:総務課 星山

第167回理事会が開催されました

令和4年3月25日(金)

第167回理事会が開催されました。

開会冒頭、挨拶をする冷牟田理事長

冷牟田理事長が議長に選出され、理事会が進みます。

4件の議案が承認され、その他報告がありました。

令和4年4月1日より特別養護老人ホームサンライズ北九州の副施設長となる、藤田 宜久 氏の挨拶の様子。

社会福祉法人西日本至福会が、地域の皆さまに貢献できるよう、理事・監事・職員が力を合わせ、法人運営に取り組みます。

文責:総務課 星山

令和4年度社会福祉法人西日本至福会 事業計画書(案)について、Web会議を行いました

令和4年2月24日(木)

令和4年度 社会福祉法人西日本至福会 事業計画書(案)について、Web会議を行いました。

例年では、西日本至福会の6施設と本部の7事業所で次年度の事業計画書(案)に関する会議を行っていましたが、まん延防止等重点措置が実施されている今、集まって会議をすることのリスクを鑑みて、安全を重視したWebでの開催としました。(理事長室もパーテーション、加湿器付空気清浄機を使用し、距離を取るなどの対策をしています。)

会議に参加する冷牟田理事長

白尾常務理事も参加しています

冷牟田理事長からの、「コロナ禍において、ご利用者様の体調や不安な気持ちに寄り添うような施設運営を心がけていただきたい。」「現場職員の声を聴き、職員にとって心身共に働きやすい環境を具体的に作る必要があります。」などの言葉が印象的でした。

白尾常務理事からは、「BCP(災害時などの緊急事態における企業や団体の事業継続計画)の策定が施設の安全に大きく関係します。定期的に更新する必要があります。」「施設の修繕や物品の購入に関して、適切な時に効果的に行っていただきたい。」等の言葉がありました。

 

コロナ禍において、ご利用者様、ご家族様には大変なご心配とご不便をおかけしております。

今年度もあと少しとなりましたが、ご利用者様、ご家族様、職員が安心して生活ができるように、令和3年度の事業計画を検証し、この1年で学んだことを令和4年度に生かしたいと思います。

文責:総務課 星山

 

令和4年 仕事始め式

令和4年1月5日(水)

令和4年 仕事始め式を行いました。

冷牟田理事長 新年の挨拶の様子

白尾常務理事 新年の挨拶の様子

当法人役員、施設長、医師(管理者)、本部職員での集合写真

 

新年あけましておめでとうございます。

皆様方におかれましては、新年を健やかにお迎えのこととお喜び申し上げます。

今日現在においても、新型コロナウイルスの影響がある中、不安なお気持ちでいらっしゃる方も多いことと思います。

当法人では、引き続き新型コロナウイルスへの対応を確実におこない、ご利用者様やご家族様、職員の安全・安心に努めると共に、ご利用者様、ご家族様、職員が「西日本至福会で良かった。」と思えるような法人運営に努めて参ります。

本年も皆様方の変わらぬご指導とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

文責:総務課 星山

令和3年度 職員提案制度表彰式

令和3年12月1日(水)

令和3年度 社会福祉法人 西日本至福会 職員提案制度表彰式が行われました。

今回は、障害者支援施設ちづる園の「ソーシャルアクションチーム(グループ名)」が「理事長賞」を受賞しました。

グループの代表として冷牟田理事長から表彰を受ける、ちづる園生活支援課の石松拓也さん

グループメンバー(6名)

生活支援課 石松拓也さん

生活支援課 井上裕心さん

生活支援課 吉田尚史さん

生活支援課 中村優斗さん

訓練科   藤井貴之さん

訓練科   呉本春菜さん

受賞した提案のテーマは「地域交流を通して社会貢献活動への参加や社会復帰に繋がる体験型モデルの構築」

内容としては、ご利用者様と職員が地域の方々との交流・活動を積極的に行うことが、ご利用者様の生活意欲向上や社会復帰に繋がるだけではなく、福祉のSDGsである「すべての人に健康と福祉を」というテーマに対して、地域福祉に貢献できるといったものでした。

福祉施設と聞けば「特別なもの」との印象があるかも知れません。しかし、福祉施設も地域の中に存在し、地域の方が障害を持たれた場合に利用することもありますし、働く場所となることもあります。福祉施設は地域の中にある「当たり前の存在」ともいえます。

当法人では福祉施設をもっと身近に感じていただけるよう、今後も地域の方々との交流を積極的に行ってまいります。

文責:総務課 星山

辞令交付式を行いました

令和3年10月1日(金)

辞令交付式(昇格・採用・異動)を行いました。

昇格

舌間 洋子   サンライズ北九州 事務課 事務課長

米田 久美子  本部 総務課 総務主任

櫻井 絵梨   サンフラワーズ北九州 事務課 事務主任

 

正規職員昇格

原岡 静勇   望玄荘 栄養科 調理員

 

異動

竹下 伸俊   サンフラワーズ北九州 施設長

園田 孝    千寿中間 施設長

新田 郁子   千寿中間 事務課 事務主任

福田 有佳子  サンフラワーズ北九州 事務課 事務員

安本 周平   サンフラワーズ北九州 支援相談課 主任支援相談員

山田 麻衣子  千寿中間 介護科 介護員

河野 拓馬   サンライズ北九州 介護科 介護員

 

 昇格や異動を行うことが活性化にもつながり、今までの経験を生かしていただくことで、施設や法人全体の成長にもつながります。

 西日本至福会では、今後も適材適所の人事を行い、ご利用者と職員が充実感と幸せを感じることができるように努めて参ります。

 

文責:総務課 星山

第166回 理事会開催

令和3年6月28日(月)

第166回 理事会が開催されました。

開会前に、第136回 評議員会で監事に選任された、猪原清典 監事のご挨拶。

石田理事が議長に選任され、議案の審議が進みます。

第23期 理事長に選任された、冷牟田 洋一 理事長の挨拶。

第23期 常務理事に選任された、白尾 啓介 常務理事の挨拶。

 

文責:総務課 星山